HOME>記事一覧>ヴィンテージを始めとした色々な種類に対応可能

捨てるものがお金になる

ワインボトル

酒はいざ開栓しても味が好みではなかったり、手元に量がありすぎて飲みきれなかったりすることがあるかもしれません。そしてその酒自体が必要なければ、手放すことも考えるでしょう。その際に譲る相手がいればそのまま活用してもらえますが、いない場合は処分することもあるはずです。けれどそれだとせっかくの酒がもったいないことになるので、横浜にある店舗で買取をしてもらうことも考えた方が良いかもしれません。酒を捨てる必要がなく、場合によってはお金にも換えられます。

遠くからでも対応できることがある

ワインボトル

横浜で近くに酒の買取をしている店舗があれば、そのまま持ち込んでも問題はありません。また横浜から遠い場所からでも、スタッフを派遣してもらったり宅配を利用したりすることで対応できる場合もあります。

対応できる種類は様々

どのような酒が買取対象になるのかは、横浜にある店舗によって異なります。そしてどの店舗でも製造されてから時間が経過していたり数そのものが少なかったりして、希少価値のあるものであれば大抵の場合で買取をしてもらえるでしょう。また店舗次第では簡単に手に入るような酒であっても、買取をしてくれるところもあります。その買取をする際には開栓していないことが条件になることが多いですが、価値の高いものは例外となります。